ウッカリ返済の遅延なら怖くありません

消費者金融に限らずどの金融機関でも、お金を借りたのに返済しなければ当然、督促の電話がかかってきます。忙しくてウッカリ返済日を忘れていたという人なら、この督促の電話がかかってきたら、すぐに支払うことができるでしょう。この最初の督促では、消費者金融の担当者はとても丁寧な口調ですし、威圧的だったり脅しを言うなんてことはありません。

もしも督促の電話を受けてすぐに支払うといったものの、お金がなくて払えないという場合には、2週間程度で再び督促がやってきます。電話と郵便による督促が一般的で、もしも払えない時にはここで正直に払えない旨を説明して、打開策を見いだすようにしましょう。逃げ回っていたり隠れていても、自分が思っているような方向には進みません。

債権が回収業者に回ると恐怖が始まる

消費者金融の中には、督促部門のように取り立てを専門に行う部門が設置されている企業がありますが、そういった部門がない場合には、第三の債権回収業者へ回されることになります。

これはどういうことかというと、借入先が消費者金融から債券回収業者に移行するという事を意味します。債権回収業者は、返済する気がない利用者からお金を回収するために、あの手この手でアプローチしてきますし、その中には精神的に強い圧を感じることも多いでしょう。

また、金額によっては消費者金融が裁判所に訴え出て給与を差し押さえるという法的な処置を取るケースもあります。いずれの場合にも利用者にとっては好ましいことではないので、お給料が入ったら返済期日まで待つのではなく、早めに返済をする事をおすすめします。

メニュー