消費者金融の返済方法で特に多いのが元利定率リボルビング方式です。これはクレジットカードの返済などでも使用されている返済方式です。よくリボルビング方式での返済は危険だといわれていますが、それにはさまざまな理由があります。元利定率リボルビング方式とはどんな返済方式で、どんな危険性があるのでしょうか。

元利定率リボルビング方式の仕組み

元利定率リボルビング方式とは、決まった金額を毎月返済していく方式です。主に5000円から20000円くらいの金額で返済をしている人が多いでしょう。いくら借りても毎月決めた金額のみを返済していけばいいので、毎月の返済計画も立てやすいです。今月は沢山借りたから、といった理由での支払い金額の変更もなく、毎月決めた金額のみ返済をしていけば問題ありません。しかしこれが罠なのです。

元利定率リボルビング方式とは、借り入れ金額×一定率での返済となります。そのため消費者金融からの借り入れ金額が多くなれば多くなるほど、毎月の支払い金額の中の利息の率が高くなっていくのです。借り入れ金額が多いと、毎月支払っている金額のほとんどが利息となり元金を減らすことがなかなか出来ません。毎月一定金額を返済しているから、という安心感はありますが、トータルの返済金額は驚くほど高くなっている可能性があります。

たとえば返済金額を1万円と設定した場合、トータルの借入額が少ない場合は8000円が元金、2000円が利息ということもありますが、借り入れ金額が多いと2000円返済をして8000円が利息ということもありえます。 毎月一万円も支払っているのに2000円ずつしか返済が出来ないと、いつまでたっても利息ばかりを支払うこととなるでしょう。

元利定率リボルビング方式の罠とは

元利定率リボルビング方式は、毎月しっかりと返済していかなければ元金が全然減りません。そのため、借り入れ金額と利息の割合を見て、どれだけ毎月返済できているのか、トータルでどれだけ元金が減っているのかをチェックする必要があります。

そして支払い年数が増えれば増えるほど、利子も膨れ上がってしまうでしょう。 毎月の出費を出来るだけ少なくしたいという気持ちもあるでしょうけれども、やはりある程度の金額は返済をしていく必要があるのです。

金利ばかり支払うのではなく、きちんと元金も返済できるだけの金額を設定するようにしましょう。そして出来れば元利定率リボルビング方式ではなく、スライド方式でしっかりと返済していくことをおすすめします。

メニュー