消費者金融からの営業電話は確かに多い

消費者金融からお金を借りると、業者は顧客データベースで利用者の電話番号や住所などの情報を管理しています。

借りる側は計画的に借りているつもりなのに、消費者金融の方からいろいろな営業電話がかかってくることに困っているという人は多いかもしれませんね。また、消費者金融からの営業電話がしつこくて、家族に消費者金融からの借入を疑われて仕方ないという人もたくさんいます。

こうした消費者金融からの営業電話がしつこくて困っているという時には、どのように対処するのが良いのでしょうか?

もう使わないならカードローンを解約するのがベスト

こうした営業電話は、基本的には新規顧客獲得のためではなく、現在の顧客に対してかけるのが一般的です。そのため、もしも以前消費者金融でカードローンなどを作ったけれどすでに使っていないし将来も借りる予定がないという場合には、思い切って解約するという方法が良いでしょう。解約直後にはまだ電話がかかってくるかもしれませんが、自然と少なくなるはずです。

もしも申し込んだ時の電話番号が自分のスマホなら、着信拒否の設定にするという方法もアリです。こうした営業電話は、着信拒否にしたからと言って別の電話番号からしつこくかけてくるということはありません。その点は安心しましょう。

もう一つ、あまり効果は期待できませんが、店舗に行ったりコールセンターに電話をして、営業電話を受けたくないとリクエストするという方法もあります。一時的にデータベースから電話番号を外してくれるので、電話の数は少なくなるでしょう。

メニュー